【やりたいことがわからない】アナタが本当にやりたい仕事を見つけるための3ステップ

スポンサーリンク

「やりたいことがわからない…」

 

アナタはこのセリフがいつしか口癖になっていませんか?

 

今回は、この記事を通して、アナタが本当にやりたい仕事を見つけるための手助けをしていきます。

 

やりたいことがわからないから、とりあえず◯◯しよう。この丸の中には人によって、色んなできごとが当てはまるはずです。大学進学だったり、就職だったり、転職だったり。

実際のところ、ぼくの高校の同級生はそんな人たちばかり。

 

やりたいことがわからないからとりあえず大学に行ってみる。いつしか卒業まで1年切ったけど、まだやりたいことがわからないから、片っ端から大手企業を受けてみよう…。で、社会人2年目を迎えた今になって、やりたいことじゃないから仕事がつまらない、やめたい、そんなことを言うのです。

 

冗談じゃなくて本当なんですよ。ぼくの肌感だと、やりたいことを仕事にして充実した毎日を過ごしている人は1割程度。

 

ちなみにぼく自身の話をすると、小学校の卒業文集に書いた将来の夢が今現在の職業になっています。

 

じゃあ、どうしてぼくは小さな頃からやりたいことが見つかっていて、どうしてアナタはやりたいことがわからないのか?

 

ズバリ結論から言うと、『自分自身と向き合いきれてないから』。これにつきます。

 

ぼくは小さな頃から、母子家庭という環境で過ごしてきました。

何か問題にぶち当たると、なんどもなんども自問自答して、人一倍自分と向き合ってきた自信があります。(母が朝から晩まで働き、なかなか会話する時間がなかったので)

 

周りにやりたいことがわからないと嘆く人が大勢いて、自分にはやりたいことがある。その違いの原因をぼくなりに探ってみてわかったことがあります。

 

自分自身と向き合うことが、自分の本当にやりたい仕事を見つけるヒントになる、と。

 

では、自分自身のことをどのように深堀りをして、今後アナタが《本当にやりたい仕事》を見つけていくのか。

では、3つのステップを踏んで、アナタが本当にやりたい仕事を見つけていきましょう。

やりたいことがわからない人へ!自分が本当にやりたい仕事を見つけるための3ステップ

STEP 1:自分の過去や日常生活からやりたいことの種を探しだそう

自分が本当にやりたいことって、自分の過去に眠っていることが多いんですよね。

小さい頃って、世間体だとか周りの目なんか気にせずに、なりふり構わずやりたいことをやっていませんでしたか?

でも、次第に大人になるにつれて、いくつものフィルターを通して物事を考えてしまいます。そのために、素直にやりたいことができなくなってしまうのです。

 

アナタ自身の過去をよーく振り返ってみてください。時間を忘れて夢中になったできごとや、自分が予想していた以上に相手に褒められたことがなかったか思い出すことがポイントです。

  • 夏休みの自由研究の発表会で、クラスのみんなに褒められた
  • おばあちゃんちの稲刈りが楽しくて、気づいたら夕方になっていた
  • 友達の誕生日会のためにサプライズムービーを作ったら、みんなに驚かれた

自分の過去をたどると、このようなエピソードがいくつもあるのではないのでしょうか?これらの中に、自分が本当にやりたい仕事の種が隠されているわけなんです。

実は、過去だけではなく、今現在の日常生活にもやりたいことの種は落ちていることがあります。普段、何気なくしている行動に、ぜひ目を見張ってみてください。

  • 時間を忘れて夢中になれること=自分が楽しいと感じること
  • 自分が予想していた以上に褒められたこと=自分の強み・得意なこと

自分がしていて楽しいと感じることは、自分のやりたいことにものすごく近しいものです。めちゃくちゃわかりやすい例えで言えば、野球をしているのが楽しいから将来の夢は野球選手ですなんて言うのはズバリですよね。

 

世の中を見渡せば、自分がしていて楽しいと感じることを職業にしている人はたくさんいます。

 

美容師(髪を切るのが楽しい)・料理人(料理を作るのが楽しい)・大工さん(物作りが楽しい)

あげればキリがないくらい。

まずアナタは自分が時間を忘れて没頭できるくらい楽しいと感じることは何か、過去や日々の日常から探ってみてください。

 

自分の強みはアナタが本当にやりたいこと仕事に進化しやすい

自分の過去を振り返る際に、「自分が予想していた以上に相手に褒められた経験がないか」も思い出してくださいと言いました。

これはなぜかと言うと、自分ができること(強み)はアナタが本当にやりたい仕事になりうる可能性があるから。

 

ひとつ厄介なのが、自分自身の強みは、なかなか自分では気づきづらいものだということです。

なので、自分の中では「これくらい余裕だぜ!」と思っていたことが、周りの人からしたら「え、すごいじゃん!」といったギャップが生まれたりします。

まさに、そのギャップこそが、アナタの強みなのです。

 

アナタの強みは周りの人は持っていないものなので、他の人と差別化することができます。仮に、自分の苦手分野で働けば働くほど消耗することは目に見えていますよね?自分が苦手なことは無理にやる必要は1ミリたりともないのです。

 

アナタは自分の得意分野で働くことで、仕事自体もノンストレスで、かつ周りから評価されます。周りからの評価って、ものすごく働く上でのモチベーションにつながるんですよね。

つまり、自分ができること(強み)の中から仕事を選択していくことで、仕事における好循環が生まれる。

そうすると、自分の強みがいつしか自分のやりたい仕事に変身するのです。

 

STEP2:自分の好きなことを分解しよう

『好きなことを仕事に』

 

このセリフ、最近ネットやテレビで見かけませんか?言ってることはよーくわかりますよね。そしてアナタ自身もわかってるはず。好きなことを仕事にできたらどれだけ良いか。

 

でも一方で、その好きなことがわからないんだよ!って頭を悩ませているのではないでしょうか。

好きなことってざっくりしていてイマイチわかりづらいですよね。なので、アナタが好きなことをもっと分解していきましょう!

 

自分の好きなことが「仕事につながりそうかという考え方をしてしまったら、きっとほとんどの好きなことがお蔵入りになってしまうと思います。

サッカーが好きだからって、誰しもが本田圭佑のように海外で活躍できるわけではありませんよね。

 

ここでは、純粋に自分の好きなことに対して「なぜ」で割り算してみてください。

 

例えば、ぼくの場合で説明すると

料理が好き→なぜか?

料理をしている時が楽しいから→なぜ楽しいと感じるの?

いろんな食材を組み合わせてひとつの料理を作るのが楽しいから→その料理をおいしいって笑顔で食べてくれる姿を見ることが幸せだから 

このくらいまで自分の好きなことを分解してみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、自分の好きなことを深堀りすることができましたか?

ここでひとつ、アナタに気づいてほしいことがあります。

ぼくは「料理」が好きなのではありません。実は、「何かと何かを組み合わせてひとつのものを作ること」そして「人の笑顔を見ることが」好きだということです。

《好きな「こと」を仕事に》と聞くと、どうしても「料理」「スポーツ」「歌を歌う」「絵をかく」そういったある事柄を連想しがち。

でも、もっともっと自分の好きなことを分解していけば、選択肢はグンと広がるんですよね。

例えば、ぼくは「ひとつのものを作ること」が好きなので、なにも料理だけにとらわれる必要はありません。きっと、家を作る大工さんも楽しいだろうし、アクセサリー職人も相性が良さそう。

そういった切り口で考えると、自分の好きなことを「自分が本当にやりたい仕事」にするのは、そんなに難しいことではない気がしてきませんか?

 

STEP3:客観的に自分の強みを知ろう

STEP1で紹介したように、《自分の強み》はアナタが本当にやりたい仕事に進化する可能性があるものです。しかし、自分の強みというものは、悲しくも自分自身では見つけることが難しいもの。

それはなぜか。自分の中で当たり前に備わっている個性だから。

つまり、自分を客観視しないと見えてこない部分があるんです。

そこで、アナタをよく知る両親に「私の良いところ(強み)って何だと思う?」って聞いてみてください。両親じゃなくたって良いです。彼氏彼女でも。親友でも。

 

あとひとつ、アナタの潜在的な強みを知る方法があります。それは、機械的なツールを使ってみるという方法。

ぼく自身やってみて「あぁ、すごいな」と感じたのが、無料でできる《グッドポイント診断》というサービス。

このグッドポイント診断は、就職活動する際には誰しもが登録するであろう『リクルート』が運営しています。

もともとは転職活動中の人向けのサービスなのですが、無料で誰でも利用することができるので、客観的に自分の強みが知りたいという人には持ってこいのサービスなんです。

そして、無料だからって甘くみちゃいけません。

約200問の質問に答えることで、8568通りの中からアナタの強みを見つけ出すことができるガチの診断テストです。あ、ガチのやつなんで時間は20分くらいかかります。笑

いろんな人のデータが蓄積されたデータを元に導き出すものなので、かなり信憑性は高いと言えます。

 

利用手順も

メールアドレスの登録

会員情報の入力(パスワード、名前、生年月日)

マイページ

少し下にスクロールして《グッドポイント診断》を選択
(画像参照)

のみなので非常にスムーズ。

住所や希望職種等のめんどくさい入力は全部すっ飛ばしても問題なし。

 

マイページの下の方にある『グッドポイント診断』をクリック

 

雑誌の付録についているようなプチ診断ではなく、診断時間もそこそこかかる本気の診断です。そんな診断が無料でできるなんて、やらない理由はありません。

自分の強みを客観的に知る良いチャンスです。強みを知れば、自分が本当にやりたい仕事が見えてきます。ぜひ、グッドポイント診断を利用してみてください。

 

\登録時間はたったの1分/

まとめ:「やりたいことがわからない」は今日で卒業!

ここまで来たら、あとはもうアナタ次第です。自分の足で探して、見て、感じて、実際にやってみてください。

やりたい仕事を見つけるための3ステップ

STEP1:自分の過去や日常生活からやりたいことの種を探しだそう

STEP2:自分の好きなことを分解しよう

STEP3:客観的に自分の強みを知ろう

ここで何もやらないなら、アナタはきっとこれからも変わることはできないでしょう。

自分とトコトン向き合って、自分を深堀りしてみてください。

本当にやりたい仕事はけっして向こうからやってくることはありません。受け身のままじゃいつまで経っても、「とりあえず〇〇」で妥協してしまいますよ。

さあ、今からがスタートです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。