年下彼女と同棲を始めた2つの理由。同棲カップルのリアルを発信していきます

スポンサーリンク


どーも、年上彼氏のゆうと(@yut0425)です!

2017年の1月から年下の彼女と付き合い始めて、もうすぐ1年が経とうとしています。

そして、気づけば2017年11月初旬から本格的な同棲生活がスタートしました。

あれ?なんか一気に飛びすぎですかね?笑

自分でも驚きです。

付き合う前は、全く同棲なんかするつもりもなかったんですけどね…。

同棲って、なんだか結婚間近の熟年カップルがするイメージが強いかと思います。

ぼく自身もずっとそう思ってました。

同棲してみたいけど、なんだかハードルが高くて1歩踏み出せない…。

そんなカップルに、少しでもその1歩を踏み出せるようなリアルな情報が発信できたらいいなと思います。

そして、まずは同棲記事の第一弾として、『同棲を始めた2つの理由』を書いていきます。

今回ぼくらが同棲に至った理由は割とラフな感じです。

同棲すると8割が別れる婚期が遅れる、そういった割とネガティヴな意見がネットには溢れています。

でも、重く考えずにゆるい感じで同棲してもいいんだなって、ひとつの参考にしてもらえたら幸いです。


大前提 : 結婚する予定はありません

大前提 : 結婚する予定はありません

見出しだけみると、なんだか卑劣な男に聞こえるかもしれません。笑

あくまで、『現段階では』という意味です。

世間一般的に見て、同棲=結婚間近というイメージは強いと思います。

ぼくは現在23歳の社会人1年目の小僧です。

そして、年下の彼女はまだ学生です。(ご両親の了承は得てるから犯罪じゃないぞぉぉぉぉ)

つまり、まだまだ結婚という未来が見えません。

そんな中での同棲スタート。

でも、そういうニーズって結構あると思うんです。

だからこそ、そんなカップルの方々に少しでも参考にしていただければと思い、今回同棲というテーマについてブログを書いていこうと決めました。

さて、本題に入ります。

では、なぜ結婚を意識していないカップルが同棲をしようと思ったのか?

理由はたったの2つです。考えても考えても2つしか出てきませんでした。笑

同棲した今だから言えるメリットはたくさんありますが、同棲する前の理由はすごくシンプルでいいんだと思います。

理由1 : 一緒にいる時間のすり合わせ

f:id:otsuyu425:20171202125155j:plain

先ほども言いましたように、ぼくは社会人で彼女は学生です。

そして、ぼくは飲食業なので土日に休みがあることは滅多にないんですよね。

そうなると、一緒にいれる時間が極端に少なくなります。

お互いが社会人だとしても、やっぱり労働環境は違ってきますし、勤務地によっても会える回数は少ないんじゃないでしょうか?

そこで、同棲をすることで一緒にいれる時間を無理やりすり合わせようと考えました。

たとえ、月に1回も2人で外出ができなかったとしても、毎日顔を合わせて会話するだけでカップル間での不満度は変わってきます。(これは彼氏目線のみの場合があり。要注意)

理由2 : 生活コストの削減

f:id:otsuyu425:20171202125344j:plain

正直なところ、この理由は大きいです。

社会人1年目の彼氏学生の彼女

はい、明らかにお金がありませんね。

でも同棲するだけで、生活コストを大幅に節約できます。

割合は多少大小ありますが。

家賃・光熱費だけでも、単純計算で5万円くらいは節約できるんじゃないでしょうか?

年間通して考えると、約60万円

そのお金があれば、2人で海外旅行だって行けますし、それぞれが自分のためにお金を使うことができます。

たとえ社会人同士のカップルだとしても、生活コストを自分たちの好きなことにまわせれば、生活の充実度は大きく変わってきますよね。

まとめ : 同棲はもっとハードルを下げていい!

ぼく個人の考え方としては、23歳の現段階での人生を、いかにして最適化するかを考えた結果が『同棲しちゃえばいいじゃん!』に行き着きました。

最適化した結果、彼女といれる時間が増えて、お互いの幸せにつながるなら最高な選択肢じゃないですか?

別れる時が大変そう…。

そんな風にカップルの終わりをイメージしている時点で、まずうまくいくはずがありません。

同棲は絶対にしない方がいいと思います。

お互いが好きで、もっと一緒にいたいなら、同棲というライフスタイルをとるのはナイスチョイスではないでしょうか?

それがたとえ結婚前提じゃなかったとしても。

ということで、これからは同棲カップルのリアルな情報を発信していくつもりです!

少しでも、同棲しようか悩んでいるカップルの参考になればといいなと思います。

スポンサーリンク