GoPro類似品のアクションカム《AKASO EK7000》があまりにもオススメだから紹介する【4K動画・画像多数あり】

スポンサーリンク

『GoPro欲しい…』

この願望、一度は思ったことある人多いと思うんですよ。もちろん、ぼくも例外なくその1人。

スマホでは撮れないGoPro(アクションカム)特有の画角の広さ、それでいて高画質な写真が簡単に撮れる。

シンプルにカッコイイし、シンプルにオシャレ。

だから、喉から手が出るほど欲しくてたまらないのに、ことごとく買いたい欲をぶっ壊されるんですよね。

なぜかって?

GoPro高すぎいいいいいいいぃぃぃ。

だって、約5万円ですよ。

5万円あれば、そこそこのミラーレスカメラ買えちゃいますからね。

だから、ぼく自身もずっとGoPro買いたい欲にフタをしてきました。

でも、ある日コンビニに並んでる雑誌のある1ページでついに巡り合ったんです。

GoPro並の画質の良さを持ち、かつ約8,000円という圧倒的コストパフォーマンスを誇るGoPro類似品に!

その雑誌では、かなりの高評価を獲得していたので早速買ってみました。

結論から言うと、もっと早く出会いたかった!笑

実際にそのアイテムを使って撮った写真と、4Kの動画を交えつつ、今から徹底レビューをしていきます!

¥8,000で買えちゃうGoPro類似品のアクションカム【AKASO EK7000】

最新のGoProだと、だいたい5万円ちかくします。

ところがこのEK7000は、なんと8,000円。GoProの6分の1程度のお値段

この値段なら中高生のお小遣いでも買えちゃいますよね?

それだけ安いんだから、どっか問題があるんでしょ?

そう思うのが普通です。わかります。

だって、ぼく自身も完全に疑い半分で買いましたから。

ところがどっこい!

これGoProレベルじゃん!そう思わせてくれる実力を持つ代物でした。

ちょっとした日常を簡単に切り取れるのがアクションカムEK7000

こんな風に旅行での些細なひとコマも思い出に出来ちゃいます。

スマホだったら、こんなに狭い座席では写真が収まり切りません。

でも、アクションカム特有の広角レンズを持ってすれば、ちょいと上から撮り下ろすことで余裕に自撮りが出来ちゃいます。

お次は気になるEK7000の性能を紹介していきます。

GoProとほぼ同スペック

  1. 4K動画
  2. wi-fiアリ
  3. 1200万画素
  4. 2インチディスプレイ

これ、GoProのスペック内容です。

でも、まさかまさかのEK7000も同じスペックなんです!値段格差が6倍もあるのに信じられませんよね。

デメリット: EK7000とGoProの違い

  1. タッチパネルじゃない
  2. 4K撮影だと手ブレが気になる

タッチパネルじゃない

f:id:otsuyu425:20170903151958j:plain

EK7000はタッチパネルではありません。本体横にあるボタンを上下することで、あらゆる項目を選択することができます。

もちろん、タッチパネルであるに越したことはないと思います。しかし、価格差を考えれタッチパネルではないのが当然。

実際に使ってみた感じ、アクションカムではそこまで複雑な動作はないため、手動でも不便を感じることなく使えました。

GoProと比べると手ブレが気になる

こればっかりは値段の差としか言いようがありません。笑

画質は4Kなので、めちゃくちゃ綺麗です。でも、手ぶれ補正がないため、手に持って、歩きながらの撮影だとどうしてもブレてしまいます。

歩きながらの動画を撮りたい場合は、リュックサックに取り付けるマウントを買って固定してしまえば、ブレが軽減するでしょう。

実際に使ってみた

プーケットに行った際にEK7000を使って撮った動画を、簡単に編集してみました。

youtu.be

これは、ブレなど一切気にせずに適当に撮ったものです。もう少し配慮すれば、こんなにブレないのかなあと思います。

それでも、画質はスマホとは比べものにならないくらい高画質ですね。これが7000円のアクションカムで撮ったものとは信じられません。

EK7000のデメリットをあげてきましたが、次はEK7000のコスパがいいポイントを紹介していきます!

EK7000のコスパがいい2つのポイント

①豊富な付属品

もうね、これでもかってくらい付属品がついてきます。全部で17個も。(ここに写ってないのもアリ)

f:id:otsuyu425:20170820020208j:plain

ヘルメットに取り付けられるアタッチメントだったり、自転車のハンドルに固定できるものも。

正直、ぼく自身使いこなせてません。笑

数ある付属品の中で「便利だなー」と思ったアイテムはこれ↓

f:id:otsuyu425:20170820021651j:plain

このリモコン、見た目はめちゃくちゃ安っぽいのに、本体と連動してシャッターが切れちゃう代物です。

本体横にあるシャッターボタンを押せないシーンっていくつもあります。そんな時に、いちいちセルフタイマーをせずに写真が撮れるってのはすごい便利ですよね。

※画像にも書いてありますが、防水ではありません。

あ、リモコンを腕に巻いたまま、水中に飛び込んでぶっ壊したのはぼくです。はい。

バッテリー2つついてくる

通常の録画時間は、だいたいフル充電で1時間30分です。2個あるということは、3時間の録画を可能にしてくれます。

バッテリーが余分に付属している商品って、他ではあんまりないと思います。コスパの鬼であるEK7000…さすがです。

EK7000を充電する時は、バッテリーを差し込んだまま、さらに本体横にUSBケーブルを差し込んで充電するわけです。つまり、一度にひとつのバッテリーしか充電できません。

そんな中、使っていくうちに感じたのは、2個同時に充電できるバッテリーチャージャーがあると便利だなと。

これがあれば、いちいちバッテリーを差し替える必要がないので非常に楽チンです。

セルカ棒はついてない

付属品が多いのが特徴のEK7000ですが、アクションカムには欠かせないセルカ棒が付属してません。なぜ。笑

でも安心してください。このEK7000は、GoProと互換性があるので、GoProのアクセサリーが使えるんです。

なので、ぼくはこのアクセサリーを買いました。

f:id:otsuyu425:20170830154411j:plain

これで、下からのアングルも、上からのアングルでも思いのままに写真が撮れちゃいます。

※水中で使用する際に、万が一手放してしまったとしても、写真のようにストラップをつけておくと安心です。100円ショップでも売ってます。

②専用アプリがある

こんな安いアクションカムなのに、しっかりと連携してる専用のアプリがあるんですよ。やはりコスパがいい。

iSmart DV

iSmart DV

  • iCatch Technology Inc.,
  • 写真/ビデオ
  • 無料

このアプリを使えば、リアルタイムで映像をチェックできるので、自撮りする時なんかはめちゃくちゃ便利です。

(こんな風にあざとく愛犬とも写真が撮れますよ。笑)

f:id:otsuyu425:20170904153216j:plain

さらに、このアプリを通して画像や動画をすぐにスマートフォンにダウンロードできます。

 実際にEK7000で撮った写真たち

(プーケット・パタヤビーチにて。加工なし)

f:id:otsuyu425:20170904152417j:plain

(ピピ島。海のエメラルドグリーンもバッチリ。人はアホみたいにいた。笑 )

f:id:otsuyu425:20170904152732j:plain

(水しぶきバッシャーン。)

f:id:otsuyu425:20170904152946j:plain

(こんな風に集合写真も片手で充分!さらに背景の広大な海と空もばっちし!) 

f:id:otsuyu425:20171006124157j:plain

まとめ

あなたも¥8,000で買えちゃうアクションカム【EK7000】が欲しくなったんじゃないでしょうか?

みんなの憧れであるGoProは、タッチパネルも手ぶれ補正機能も搭載されています。しかし、それゆえに6万円という高価格であり、なかなか手が出せないのも事実です。

一方で、良心的な価格で手に入れることができるのが、このアクションカムEK7000。

価格だけじゃなく、ハイクオリティーな性能を持ち合わせているので、遊び心で買うには最高なアイテムと言えます。

GoProが欲しいけど、価格に気が引けているあなた。

ぜひアクションカムの第一歩として、EK7000を手にしてみてはいかがでしょうか?

普段撮っているiphone写真には飽き飽き。

でも、このEK7000を使って、いつもとはまた違った角度から写真を撮ることで、いつまでも思い出として残る写真に様変わり間違いなしです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です